炭焼炉ばた くし路 南興ビル店

このお店をブックマークに登録:

すすきの、炭焼き炉ばた くし路。くし路は札幌に何軒かある居酒屋ですが、今回行ったのは南興ビル店。この日は忘年会で、ほとんど料理の写真がありません・・・

くし路の南興ビル店に行くのは多分今回で5回目くらいだと思います。

南興ビルに入ったらすぐに下に続く階段があるので、そこを降りて店に入ります。店には靴を脱いで上がり、靴箱に入れて木の札を受け取るあの方式。

座席はカウンター、テーブルのほかに宴会席もあるみたいですね。カウンターは掘りごたつ式になっているので落ちついて座れます。今回は半個室のようになっているテーブル席へ。

たちポン

定番のたちポン。本当はもう少しボリュームがありますが、気づいたら半分くらい食べられていました。

お造り

つぶ刺しを入れたお造り。多分5点盛りくらいだった気がしますが、もう全然覚えてません。

一刻者

芋焼酎の一刻者(いっこもん)。普段はビール一辺倒ですが、この日はすすめられたこともあってロックで。久々に旨いなぁと感じて結局半分くらい自分が飲んでました。

ビンを持ってる怪しい人のような物体は友達です。載せてもいいと言ってたので遠慮なく。会ってみたい人はいないと思うけど 札幌の西区で美容室 をやっているからお近くの人はぜひどうぞ。

炭焼炉ばた くし路 南興ビル店のレポート

正直この日の状態はレビューも何もあったものじゃないので、今まで行った時のを思い出して。

客層はどちらかと言えばサラリーマン層が多く、騒がしいと感じたことはありません。意外とカップルが多いのも特徴です。

南興ビルには大きなキャバクラ(北海道ではニュークラと呼ぶ)が多数入っているので、同伴、アフター時間とかぶった場合は混んでいる時がありますが、満席で入れなかったということは一度もありません。

メニューはとても多彩で特に海鮮モノが中心になっています。ちょっと高いけどこればっかりは仕方ないキンキ半身煮こごり、紅鮭かま焼、ほっけなど北海道定番料理が並びます。

他に、ここのチェーン店には必ずある、地鶏の半身揚げやじゃがバターなんかもよく食べるメニューですね。

お会計は食べた内容によってかなり違ってきます。普通の居酒屋定番メニューだけを食べた場合は10000円以内で収まるし、代表的なメニューばかり食べると高くつきます。

自分の場合は二人で行って大体10000円~15000円の間というところ。この日の忘年会の時は三人で2万ちょっとでした。

すごく突出した部分があるわけじゃないんですが、北海道の幸を満喫するには無難な居酒屋ではないでしょうか。

炭焼炉ばた くし路 南興ビル店の詳細情報

店名
炭焼炉ばた くし路 南興ビル店
場所
札幌市中央区南5条西4丁目 南興ビルB1
電話番号
011-533-0091
営業時間
17:00 – 1:00
日・祝日 17:00 – 24:00
HP
http://www.marushinkawamura.com/kushiro.html

[gmaps:43.05460961191893/141.35336995124817/18/500/300](comment)[/gmaps]

札幌グルメ道楽 TOP > 居酒屋 > 炭焼炉ばた くし路 南興ビル店

このページの先頭へ