西鶴 本店

このお店をブックマークに登録:

すすきので複数店舗を展開する鮨処西鶴の本店へ行ってきました。回っていない寿司を食べるのは一体いつぶりだろうか、というくらい久しぶりのすし屋です。

寿司といえば普段は回ってるところばかりなんですが、この日は仲のいい友達と二人だったこと、更にその友達が寿司を食べたいということで、半ば連れられて行ってきました。

店内に入るとカウンターの一番奥へ案内されます。寿司屋のカウンターなんて久しぶりだからちょっと緊張。早速ビールで乾杯して、板前さんと友達に任せる感じでアテを注文。

生牡蠣

これだけは自ら注文した生牡蠣。美味。

焼きたち

タチといえばいつもはタチポンや天ぷらですが、せっかくの寿司屋なので変わった感じで。出てきたのは炙ったタチ。中がクリーミーで旨かったです。

そういえば、当たり前のようにタチと呼んでいますが、これは北海道だけの呼び方なんでしょうか?タチとは白子のことをいいますよ。

小魚

忘れたけど何かの稚魚。ツルっという食感。

銀だら

多分銀ダラ焼き。

小鉢

これも何か忘れましたが酒のつまみに合いました。

かに味噌焼き

究極に旨かったカニ味噌焼き。これ一つと焼酎があれば幸せ気分間違いなしです。友達がいうにはメニューに載っていないそうなので、是非板前さんに聞いてみてください。

一刻者

最近お決まりになってきた一刻者。この日は二人で一本空けちゃいました。

締めの寿司は特上を頼みました。テンポよく出てくる寿司を食べるのが忙しくて、写真を撮るのを忘れてた・・・。もちろん美味しかったのは言うまでもない。

西鶴 本店の実食レポート

店内は明るくてとても活気があります。いつもはブレまくる写真も今回は綺麗に写っているので、よくわかるのではないでしょうか。座席は基本的にカウンターで、ほかに4人用の個室が二つ(もしくは8人で一つ)あります。

すし屋で一番不安になるのは、よくわからないメニューと値段だと思います。西鶴では座席にメニューと価格表がきちんと置いてあるので、懐具合と相談しながら注文が可能。

板前さんも旬なものなどを積極的に教えてくれたりするので、観光で来た際に「北海道の珍しいネタを!」と頼んでも確実に対応してくれます。

途中、携帯の充電が切れたのですが、それを察知して仲居さんが充電してくれました。こっちから「充電器ある?」とか聞いていないのにです。こういう心配りはさすがだなぁと関心しました。

この日の会計は二人でたらふく飲み食いして2万ちょっとというところでしょうか。焼酎をボトルで頼んだり値段も見ずに好き勝手注文した割には、かなりお安く楽しめたと思います。

寿司屋は高いというイメージでいつも敬遠していたのですが、西鶴は上質な肴と程よい会話でじっくり楽しく飲める、最高の場所でしたよ。

西鶴 本店の詳細情報

店名
西鶴 本店
場所
札幌市中央区南五条西三丁目第4グリーンビル1F
電話番号
011-551-6066
営業時間
18:00~3:00
祝日 18:00~1:00
定休日
日曜(日・月連休の場合は月曜)
HP
http://www.sai-kaku.com/

[gmaps:43.054891836739735/141.35425508022308/17/500/300](comment)[/gmaps]

札幌グルメ道楽 TOP > その他 > 西鶴 本店

このページの先頭へ